ホーム > 3Dプリント, 科学 > 3Dプリント BS01+ テーブルに Buildtak を設置

3Dプリント BS01+ テーブルに Buildtak を設置

1層目を制したものが3Dプリンターを制する。 | Genkei Forum

自分も例に漏れず、1層目が定着せずにフィラメントがノズル周りでもじゃってしまったり
造形物が途中ではがれておじゃんになるという
失敗ケースが出てきました。

失敗した造形物達

失敗した造形物達

ポリイミドテープのままでも
ノズルと台の距離を詰め直したり、アルコールで拭き取ったりすると
成功するようにはなるのですが、メンテナンスにかける時間は極力無くしたいので
BS01と一緒に購入しておいた、Buildtakを設置してみることにしました!

●Buildtakの使い方_Ver1.0.0.pdf
を読むと
「ABS モデルのテーブルにご利用される場合は、別途薄い銅板をご用意いただき
 その銅板に張り付けてご使用いただくことを推奨いたします。」
と記載されている。

「別途薄い銅板をご用意いただき」
1行でシレっと書かれていますが、これがかなり大変でした(・´з`・)

まず、近所のホームセンターで0.5mmの銅板を購入しました。

ホームセンターで400円で買った銅板

ホームセンターで400円で買った銅板

この銅板をBS01のテーブルサイズに歪ませずに切断します!
・・・どうやって?(゚Д゚)

アクリルカッター

アクリルカッター

アクリルカッター、これでひたすら削る!

・・・1時間近く必死にガリガリやっても終わらない(´Д`)
見た目30%ほど削れました。0.5mmの30%だから0.15mm・・・

平面度が重要なパーツなので、なるべく避けたかったのですが
日付変更線超えてしまい、根気が尽きていたので金斬りばさみでいっちゃうことにしました。

金斬りばさみ

金斬りばさみ

1分で切り終えることができたのですが
案の定、少々歪んでしまいました。(t2mmほど)

2mmというと、3Dプリントとしては致命的。
しかし、これは歪み方にもよりますが、設置する際にクリップやテープで補正が効きます。

銅板+BuildtakをBS01テーブルに設置

銅板+BuildtakをBS01テーブルに設置

※真ん中のクリップはノズルの進行上にあることが分かったので、この後テープに取り替えました。

再度0点出しを行い、プリントしてみました!
プリント→造形物はがしまでの動画はこちら

3Dプリントが捗りそうです!
BS01改造や設定調整をしつつGM出展に向けて頑張っていこうと思います。






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

広告
カテゴリー:3Dプリント, 科学 タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。