アーカイブ

Archive for the ‘ビジネス’ Category

私がゲムマ出展を辞める理由

新年にあたり、やることやらないことを整理していました。

2017年行動指針

2017年行動指針

やはり、ゲームマーケットへの参加をしないことにしました。
2回しか出ていない私が書くのもおこがましいかもしれませんが
せっかくなので出展や製作話だけでなく、「辞める理由」というのも残してみようと思います。

(検索してみたところ
 ゲーム製作・サークル活動を辞めるところは
 理由を書き残さず、自然とフェードアウトしている?)

◆来場者と出展者(ブース)数◆

ゲームマーケット来場者数・ブース数・比率

ゲームマーケット来場者数・ブース数・比率


1ブースあたりの来場者数は順調に推移しており、近年では20以上をキープしています。

ただ、増えた来場者が均一にブースを巡るわけではなく
時間と資金の都合上から、一人当たりが回れるブースには上限があるため、必然と
・大手様
・プロデザイナー
・事前に都内のカフェ等に配布し話題事前評価作りが出来ている方
・(コスプレなど)目を引くパフォーマンスができるブース
により偏っていきます。

ブース数と来場者数が増えるに従い偏りが出るイメージ

ブース数と来場者数が増えるに従い偏りが出るざっくりとしたイメージ


特に近年の増加分であるライト層はその傾向になると思います。

◆費用◆
ゲムマへの出品にあたり、作品の原価だけでなく
ブース出展料、往復送料、交通費
と様々な形で出費があります。

「パナマ」損益計算

「パナマ」損益計算

作品の原価については
誰もが質の高い物を出しているので、売れる物を出すには
印刷業者さんに頼むことが最低ラインのような感じがしました。
印刷業者さんに頼めば、時間を節約しクォリティの高い物を作成できます。
マニュアル、ボード、チップ等の製作を依頼するとなると
固定費だけで3万円~となります。

最終的な赤字を回避するためには、価格設定にもよりますが、
50個以上作成し、販売する必要が出てきます。
印刷屋さんによりますが、最低でも50個からの受け付け(満印堂様)となっています。

◆時間◆
そんなわけで、私の場合、一切業者にお願いしない方針でやりました。
そうなると、代わりに時間がかなりかかります。

ルール作成、説明書作成、サイト作成に加え
3Dプリンタを使ったコンポーネントだったので、とてつもなく時間がかかってしまいました。
詳細は過去の日記に記載しました

作品が一通り形になりましたら
説明書折り→梱包作業という時間がかかる作業が待ち受けています。
私の場合、40個でも2人がかりで4時間くらいかかりました。(下準備有りでです)
手伝ってくれた友人に感謝(∩´∀`)∩

印刷業者に頼んでも、この梱包作業を行う必要があります。
twitterとかで他の作者を見ると皆苦労している様子でした。

◆感想◆
「パナマ」コンポーネントラミィキューブオリジナルスタンド 各国語
と、ここまで結構負なことばかり書きましたが
ゲームマーケット出展を通してできた経験や
手伝ってくれた方、購入してくれた方、興味を持ってくれた方
との交流は掛け替えのないものでした。
学びが多いため、学生のうちに仲間内と参加できると良いですね。

ただ、プロや大手、その道を目指す学生さんや業界の方々など
ハイレベルな方々が供給側で凌ぎを削る中
その道を目指すわけでもないぼんくらサラリーマンの自分が継続するには
上記理由により、かなり無理があるものと判断しました。
とりあえず経験できたからもういいかなと。
もし「パナマ」が完売していたとしてもこの判断には変わりなかったです。

ボードゲーム自体はとても知的・情熱的で楽しいものなので
製作を辞めることで空いた時間をプレイの方にまわしていきたいなと思います。

どうもありがとうございました。

◆参考にさせていただいたサイト様◆
USER CONTENTS 『ゲームマーケット2011春』レポート
植民地戦争+α ゲームマーケット2014秋レポート
国内最大級のボードゲームイベント「ゲームマーケット」から業界が見えた!
酒すごろく様

◆もし、「『パナマ』をプレイしてみたい」という方がいましたら◆
gmail: ckensyaryuu@gmail.com
twitter: https://twitter.com/ckensyaryuu
までご連絡ください。
レターパックにて郵送いたします。

価格(送料込) :2000円or Amazonギフト券2000円分
※再生産や次回ゲムマへの出展はしません。

ていうか、ぶっちゃけ原価公開した中買ってくれる物好きがいるとは思えませんが
せっかく遊んでもらうために作ったものなので手放したいものですヽ(´ー`)ノ

ゲームマーケット2016秋 新作トランプ拡張ゲーム「パナマ」製作話 BS01+評価

2016年12月31日 1件のコメント

東京ゲームマーケット2016秋に出展した。
「パナマ」コンポーネント
新作トランプ拡張ゲーム「パナマ」の主に製作面の記事を残します。

◆3Dプリンタ BS01◆
my3Dプリンタ BS01
【本体】ボンサイラボ BS01 ABS/PLA シングルヘッド 89800円(税込)
【サイズ】横250x奥400(フィラメント含む)x高400
【造形テーブル下地】 buildtak
【ノズル径】0.4mm
【積層ピッチ】0.1mm
【ケース】温度変化を起こさないようにAmazonダンボールと透明プラ板でケースを自作
【スクレーバー】オルファ 56B

◆3Dプリンタ製パナマ オリジナルカードスタンド◆
「パナマ」カードスタンド_モデリング
「パナマ」カードスタンドgif
厚さ0.1~0.5mmの紙・プラスチック製のトランプを
カードのみを持ってもスタンドが取れないくらいのほどよさで挟み込むカードスタンドです。

パナマカードスタンド_スライス後
3Dプリントを安定させるために
3Dプリンタのヘッドがなるべく一筆書きとなるようにモデリングをしました。
覚悟はしていましたが、かなりデリケートなもので
最終的なモデリングや設定に行き着くまでかなり試行錯誤を繰り返しました。

ゲーム1セットに赤青黒白の各色5個ずつの計20個必要です。
最終的に試遊品やサンプル提供品含めて40セット作りましたので
延べ800個作りました。

◆10個生産あたりにかかる時間◆
3Dプリント:1時間50分
バリとり、やすりがけ:20分
機能性チェック:10分

1セット20個分作るのに4時間40分
800個作るためにはかかった時間は
2時間20分×80=約184時間

◆メンテナンス◆
過渡期の家庭用3Dプリンタなので定期的なメンテが必要です。
これも大変でした。

bs01を使うに当たって行う必要が出てくるメンテは
頻度の順に
1 プーリーベルトテンション張り直し
2 スライダー部芋ネジ締め直し
3 台座調整
4 筐体ネジ締め直し
5 グリス塗り直し
6 モーター部芋ネジ締め直し
という感じでした。

MDF合板製ではなく、アクリルのidboxだったら3の筐体ネジ締め直しの間隔はもっと長くなるかもしれません。
最終的には、駆動音でどこらへんが調子悪くなってきているか分かるようになりました(マジで)

◆不良品率◆
モデリングや各種設定が決まり、大量生産体制になってからの集計です。
形状がいびつになったり、カードスタンドとしての機能性を満たせなかったもの: 3個
プリント中に失敗したもの: 10個(1つ剥がれたものが他を巻き込んで10個全滅)
プリント後の引きはがしで損傷したもの: 2個

15 / 815 * 100 = 1.840%
となりました。
他と比較できないのでなんですが、家庭用3Dプリンタとしては、低いと思います。
bonsai labさん & s labさん、良い仕事していますね。

◆台との吸着◆
生産するものが薄くデリケートなものなので
台との吸着の調整にもかなり手間取りました。
①吸着が弱いと印刷中に剥がれて大惨事
②吸着が強いと台から剥がす(収穫)の際にカードスタンドに力がかかり曲がってしまう
というジレンマがありました。

・台座の温度
・台座とノズルの距離最適化
・フィラメントの押し量
を調節してこの動画の状態までもっていくことができました。

◆BS01評価◆
【良いところ】
・他の国産外国産(安かろう悪かろうは除く)の3Dプリンタが30万円程度の価格帯の中
 ABS/PLA組立モデルが89,800円(税込)と低価格
・横250x奥400x高400のコンパクトサイズ。デザインもかわいい。
・ゲムマ春、ゲムマ秋の大量造形でも故障(ノズル詰まりなど含む)を起こさなかった。
・国内メーカー国内生産、国内コミュニティがしっかりしている。

【残念なところ】
・満足いく造形をするにはBuildtakは必須。ポリイミドテープ張りは苦行でした。
・メンテナンスが必要となる間隔が短い気がします(他プリンタとの比較はしていません)
・筐体がMDF合板
・本体に電源ON/OFFスイッチがなく、コンセント抜き差しで電源ON/OFFしなくちゃいけないところ
 (私はコンセントタップ自体にスイッチがあるものを使いました)

【総評】
買って良かったです。家庭用3Dプリンタとしてコスパは相当に高いと思います。
300時間以上動かしていましたが、パーツ取り替えや修理を必要とするような致命的な故障はありませんでしたし。
ゲムマ2016の春秋ともにこの3Dプリンタで作品を作りきることができて、良い体験ができました。
生活の役に立つ機能性をもった小物やスペアパーツとかも作り続ける事ができます。

◆ゲムマ結果◆
で、肝心のゲムマ結果なのですが・・・1/3だけ売れました。
英語マニュアルは完全に自己満足で終わりました。
面白いゲームを頑張って作ったつもりですが、創作と商売は難しいですね。

それでも、ブースに来ていただいた方々のお陰で楽しかったですし
手伝ってくれたり、アドバイスをくれた方々にも感謝です。
3Dプリンタを使った同人製作の大先輩「石膏粉末工房」さんと
製作面の話ができたのがとても有意義でした。

家庭用3Dプリンターは
大量生産こそ向きませんが、同人創作活動のよき助っ人となってくれるので
活用するサークルが増えたら
きっともっと多種多様なアイデアが生まれてくると思います。

ラミィキューブオリジナルスタンド トランプスートラミィキューブオリジナルスタンド 各国語
完全オーダーメイド品として
出展したラミィキューブスタンドは結構喜んでいただけました。
500以上あるサークルのうち、オーダーメイド品を出していたのは
自分のサークルだけだったんじゃないかな?と自画自賛してみます。

ここまで読んで下さった方で
もし、「『パナマ』をプレイしてみたい」という方がいましたら、

gmail: ckensyaryuu@gmail.com
twitter: https://twitter.com/ckensyaryuu
までご連絡ください。
レターパックでの郵送でいたします。

価格(送料込) :2000円or Amazonギフト券2000円分
※再生産や次回ゲムマへの出展はしません。

★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

3Dプリンタでリュックサックのベルトを留めるクリップ作ってみた

個人的に2016に購入して良かったと思っているトップクラスの
マンハッタンパッセージのビジネスリュック

軽くて、目立たなくて、収納力があって、膝の上に乗せても隣の人に迷惑にならなくて
貴重品を入れるサイドポケットがあって、13インチのノートPCやタブレットが収納できて・・・etc
とても気に入っているのです。

膝の上に乗せて本やノートPCの作業台としても使えます膝の上に乗せて本やノートPCの作業台としても使えます

膝の上に乗せて本やノートPCの作業台としても使えます

ただ、1点気になっていたところとして
リュックのバンド2本を止めるクリップが、2本とも完全に囲うではなく、1本は囲うけどもう1本は挟み込むだけのものとなっています。
結構な頻度でプラプラしはじめます。

なので、2本のバンドを完全に囲うタイプのクリップを3Dプリンター BS01+を使って作ってみました。

サクっとモデリング→スライス
3Dプリンタで作成するリュックのバンドクリップ_解説付

PLAの接着にはアクリサンデーがとても有効です。
ゲムマ2016春で出展した「リフレク」の製作で立証できました。

出力物
3Dプリンタで作成したリュックベルトクリップ

装着してみた。
3Dプリンタで作成したリュックサッククリップを装着

最小限の体積で邪魔にならず、かつ外れないものが作れました(´∀`)
壊れたとしてもまた作ればいいから気楽に使えますね。

でも、装着した後調べて分かったのですが
モンベルのテープクリップという安値の既製品があったのですね;
これが高かったら、3Dプリンタで作った意義があるのですが、ここまで安いとどうもね(´Д`)
作る前にしっかり下調べすることを心がけないと(´・ω・`)

ゲームマーケット2016春に出展しました!

ゲームマーケット2016春_ビッグサイト

■経緯と背景
・~マーケット系のイベントには、出展は疎か参加経験もなし。
・「参加するなら作る側で~」とは思っていました。
・ビッグサイトには入社説明会で会議棟に一度行ったことがあるくらい。
・ゲムマ出展を決めたのは2015年11月
・3Dプリンタ購入したのは2016年2月
・根底にあるのは、「とにかくやってみよう」「きっとなんとかなる」というアマイ考え。

■ブース内容
サークル名:[E07]C県者流
出品タイトル:「リフレク」増田屋コーポレーション製ラミィキューブ用のオリジナルカスタムパーツ」

リフレク要素分析

地元のピザバル:バルエンカウント様から2名助っ人にきていただきました。
とても頼もしかったです。感謝!

ブースと助っ人のお二人

ブースと助っ人のお二人

被っていただいているお面は出展二日前くらいに衝動的に作ってしまったもの・・・
ラミネート失敗したボードが「僕を使ってお面を作ってよ!」って言っていたような・・・(幻

■成果
・半分程売れました!
・オーダー品全て受け取ってもらいました!
・ニッチ過ぎて売れないだろうなあと思いつつ
 ノリで作ってしまった「さいとうセット」が売れた!ミラクル!

ラミィキューブカスタムパーツ

ラミィキューブカスタムパーツ「さいとうセット」

・何名かと名刺交換することができました~

■反省点~当日まで
・3Dプリントをなめていた。
 温度・グリス・ベルトテンション・ねじの緩みなどなど
 管理が必要な条件が多く、
 積層式なので、どれか1つでもおかしくなると造形が不安定になります。
 プrント途中で何か問題がおきると全部おじゃんになります。
 家庭用紙プリンタと違い、時間も結構かかります。
 あと出力後の研磨(やすりがけ)がかなり大変でした。
 触ると分かるレベルの細かいバリが結構発生します。
 (業務用の3Dプリンタなら上記の問題が解消されているのかも)
・出展を決めてからは、作るのに精一杯でボドゲを遊ぶ機会が減っていました。

■反省点~当日
・ゲムマ開場してからしばらくメイン商品の価格表示忘れてた。
・人混み酔いしてしまいました。
・自分の作品とブースのことで頭いっぱいで
 他の出展者様の情報・挨拶・購買を疎かにしてしまいました。とても心残り。
・当日独力でやることばかり考えていて
 助っ人さんに何をお願いしたら良いのか分からなかった。
・ブースの空間(特に前方足下)を活かせなかった。
・開場してからの時間振りがほぼノープランだった。

■今回と次回(も出展することがあれば)の心意気

今回(2016春) 次回
落とさずに出展する!
モデリング→3Dプリンタを身につける!
自分が好きなものに絡めたニッチなものを作る!
閑古鳥鳴いてもいいや。
なるべく周りに迷惑をかけず自力で頑張る!
開場1時間で100個完売する作品を作る!
試遊ブースを使う!
プレイヤー3人以上で楽しめるタイプのゲームを作る!
外国人参加者にインストする!
人を巻き込みたいなあ・・・
他の出展者様に挨拶して作品買う!

■感想
とんでもない人数と他出展者様のブースのクォリティに終始圧巻されていましたが
今回、創意工夫をした作品達が集まる場に参加できたことを嬉しく思います。
来店してくれた方、購入してくれた方、手伝ってくれた方、運営に感謝です。

仕事、資格勉強、矯正治療などがあるのでなかなか時間取れないですが
また都合が良ければ、時間を捻出して挑戦してみようかなと思います。

 

★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

ゲームマーケット2016春に出展します。

ゲームマーケット2016春に出品します。
サークル名:「C県者流」
出品タイトル:「リフレク」増田屋コーポレーション製ラミィキューブ用のオリジナルカスタムパーツ」

リフレク

リフレク

ラミィキューブオリジナルスタンドパーツ

ラミィキューブオリジナルスタンドパーツ


取り付け動画はこちら

詳細は上記リンク先のゲームマーケット参加者ページを参照お願いします。

国産3Dプリンター BS01+ 組立→調整→出力→動画公開

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
を読んでいたのもあり、かねてから3Dプリントをしてみたいという願望がありまして
さらに2016年春のゲームマーケットの出展募集に当選し
3Dプリントした造形物を用いたボードゲームを出すことにもなったので
思い切って
BonsaiLab BS01+ ABS/PLAモデル(シングル) 組み立てキット
を購入しました!

■BS01+を購入した理由■
・BonsaiLab(Sラボ)という企業名が好き
・国産
・日本語コミュニティが活発
・9万円を切る価格
・省スペース
・正方形でかわいい
・結構精度でるらしいという評価
・組み立て&カスタマイズをしてみたかった

■苦労した点■
順調に組み上げ、出力をしているブログ記事を何件か見て
「自分も楽勝かな」と思っていましたが、甘かった・・・
当ブログでは、管理人が苦労した点や工夫した点だけを説明書のページも併記して記載してみます。

戦いが始まる・・・

組み立て作業準備

組み立て作業準備

0. 用いたマニュアル
 BS01 マニュアル一覧 Ver2.0.1(新版:2015年8月9日更新)

1. マイコンボードのスペーサー削り
●02.BS01+筐体組立編 _Ver.2.0.1.pdf – 02.2 マイコンボードの組み付け
切り込み加減の調節が難しかったです。
浅いとまだ部品と干渉したままとなってしまい
かといって少しでも深くしすぎるとスペーサーがネジからスカスカに抜けるようになってしまいそうだったからです。
一応予備のスペーサーは付属してはいたのですが、緊張しました。
(今思うと、ニッパー一発ではなく、ある程度切ってからやすりで削っていくと時間かかるけど確実だったかも。)
また、力をかけた時の押さえとしてマイコンボードと筐体の間にスペーサーを挟むのですが
「ただ挟むだけだと今後のプリントでの振動とかで外れてしまうのでは?」
と考え、写真のように針金を通して動かないようにしました。

マイコンのスペーサーを針金止め

マイコンのスペーサーを針金止め

2. ポリイミドテープ貼り
●03.BS01+テーブル組み立て ABSモデル編_Ver2.0.2.pdf – 03.4 ポリイミドテープの貼り付け
BS01+組立で一番苦行だったところ。
ポリイミドテープの保護フィルムをはがすのに苦戦しました。
なかなかはがれてくれなかった(汗
また、テーブルに貼る際も自分なりに丁寧にやったつもりでしたが
気泡がかなり入り込み、折り目もついてしまいました・・・

気泡が結構入ったポリイミドテープ

気泡が結構入ったポリイミドテープ


一応こんなテーブルでも、最後の動画にあるようにプリントはできます。

スマホの保護シートを貼るのが苦手な人は
buildtekを買っておいて最初からこれを貼り付けた方がいいかも。
(この難易度は、buildtecに誘導するのが目的か!?)

3. XYガントリーの軸回転の違和感?
●06.BS01+XYガントリー組み立て編_Ver2.0.1.pdf
作業途中に手で軸を回してみると、結構重かったのです。
スルスル動くのではなく、少し力をかけてようやく回るような。
(まだモーターにまだベルトを通して居ない状態です)
「軸の中心がズレていたり、ネジ締めすぎとかで回転がスムーズにいっていないのでは」
と思い何度も見直したのですが、あまりスルスルといかなかったのでそのまま組み上げてしまいました。
結局出力できたので、問題ではなかったのかも。
スライダーの抵抗が思った以上にあるのかも?

4. XYガントリーのテンションバネ装着
●06.BS01+XYガントリー組み立て編_Ver2.0.1.pdf – 06.7 ベルトとスライダーの固定
バネがなかなかに硬いのとベルト回りが組みあがっているため
なかなか取り回しがうまくとれず
手をプルプルさせて作業をしました。
ラジオペンチ必須でした。

5. 新アーム!?
●09.BS01+フィーダー組立編_Ver2.0.2.pdf – 09 フィーダー組み⽴立立て編
フィーダー組立を見ていくと見当たらないパーツ(半透明黄色のアクリル)が出てきて一瞬パニクりました。

新アーム!?

新アーム!?


小分け袋のラベルに「新アーム部品」と書いてあったので
検索してみるとidboxの部品で、BS01+のアーム部品と互換性があるという記載がありました。
どうやら、説明書に書いてあったパーツは組み立てた部品=idboxの射出形成の1つの部品
ということみたいです。
(組み立て説明はディアゴスティーニ49号に掲載とのこと^^;)
なぜidboxの部品が入っているのかは分かりませんが、せっかくの上位互換なので
説明書を脳内補完して組み立て進めていくことにしました。
※M4ナットが足りなくなったので、自前のから補充しました。

6. PC-BS01間の接続
マニュアルの通り「COMポート」をAutoにしていたのですが、それでは接続ができず
Facebookのコミュニティで検索をかけて同様の症状が見つかったので対応しました。
COM3で接続できるようになりました。

■組立完成と3Dプリント■
あまり順調とはいかない組み立てで、途中かなり散らかったりしていましたが

散らかる作業場

散らかる作業場

なんとか完成し、人生初の3Dプリントを行いました!
その模様を動画撮影し、youtubeに公開しました。

日本産3DプリンタBS01+にてLEGOブロックを初プリント!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(*^o^*)
ゲームマーケットにて作品を出展する予定なので、もし現地で会いましたらよろしくお願いします。

■組立調整で参考にしたサイト様■
日本製超小型3DプリンタBS01グループ
3Dプリンターまとめ : BS01+ 到着
BS01のテストに於いて気になった点その1 : ichibey日々の記録
1層目を制したものが3Dプリンターを制する。 | Genkei Forum






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

中小企業診断士二次試験を終えて

一番の山場とされている中小企業診断士二次記述試験、予想通り難関でした。
低スペックな脳を使いすぎたせいで頭が痛いです。

一応全ての設問に解答することが出来たのですが、正解している保障や自信はありません。
「受かったらラッキー」くらいに考えておきます。

合否発表は12月7日です。
合格したら、二次試験の口述試験、それを通過してからの実務補修、登録となります。
2012年合格を目標に2011年3月に教材が届いてから約1年半の取り組んできました。
予定通りなら、2013年を晴れて診断士としてスタートできます。
落ちたとしたら、来年は一次試験をパスして二次試験から受けることが可能です。
しかし、いくら難しいとは言え二次試験の勉強だけで11ヶ月過ごすのもどうかと思っています。

<診断士になったらやりたいこと>
・本業のコンサルタントを通して
日本企業の活性化とまともな雇用を増やしたいです。
・学生(特に工学生)を対象に企業経営理論や運営管理で学んだ事を教えたいです。
現代の文明を支えている「ものづくり」は集団で行われているので
組織の仕組み作りが非常に重要です。
学生の段階でこれらをかじっていたら
きっと就職してから工場の現場に入った時最いろいろな視点もてた
だろうなあと勉強しながら思っていました。

<診断士になってもなれなくてもやりたいこと>
・地元で起業したいです。
といっても、そんな大それたものではなく地元でできる
生産業的なものを・・・

食品加工業、仮構想
例えば、
地元で美味しい梨(幸水・豊水)がかなり豊富(梨農家44ha)に
生産されているのですが、直売所でしか売っていなく、売れ残ったものはお裾分けや廃棄されます。
少し傷がついたやつも商品価値が無くなるので廃棄です。
もったいないですよね。
自分で試しにお裾分けしてもらった梨2個でジャム作ってみたら
素人が家庭用鍋で煮詰めるだけなのになかなかに美味しかったんです。
表面は傷ついていても、ジャムにしたら差は生じません。
ジャム、ジュース、缶詰、ワイン、ジュレ、コンポート、ドレッシング(謎)など色々加工することで
商品価値生まれそうな気がするのです。
梨だけだと1年を通しての仕事にならないので
通常加工食品工場は専用装置による連続生産のところを、ロット生産化し
地域で一定量以上生産される他の農作物に対応できれば
農家のリスク・不安感の軽減にもなるかもしれません。
加工食品化による消費期限の延長や
HACCPに対応等により、普通に売る以上の用途・販路拡大も期待できるでしょう。
「台風が来たら一貫のお仕舞いだ」→「多少傷ついてもあそこもってけば買い取って加工してくれる」
加工時に生じた食品残渣を利用しての肥料飼料への再利用(エコフィード)とかも面白そうです。
(簡単に作成したのが上図です)
上記は思いつきの一例ですが、せっかく勉強して得た知識や感覚を埋没させずに
実業を通じて生かしたいですね。

・運動
筋肉量が衰えてしまわないようにしないと・・・
私営プール通いは季節柄厳しいので
マラソン、なわとび、筋トレを日課にして
地域でスポーツやってるサークルとか探してみようかしら。