アーカイブ

Archive for the ‘批評’ Category

ボードゲーム考案+書評「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」

ボードゲーム案1ボードゲーム案2

先日

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

という本を読みました。
仕事を進める流れを、これまでの左脳を使う論理・分析型と
この本で主張している右脳を使う印象・試行錯誤型
とを比較しデザイン思考の必要性を説いたものです。

デザイン思考は、アジャイル開発手法と共通点が多く見受けられると思います。
・とにかくまず形(絵、図)にしてみる
・上質な批評をすばやく受ける
・少人数体制
etc…

さて、本題ですが
書籍の内容を実践してみようと思い、予てより考えていたボードゲーム案のプロトタイプを作成しました。
一回形にし、実際にプレイすると頭の中だけでいくらこねくり回しても
出てこないような問題点・改善点が出てきます。

上手く形になったら
来年春のゲームマーケットに出品してみたいと思います。

シングルトップマットレス比較

エアウィーブ

ブレスエアー
ジェルトロン
トゥルースリーパー

をスペックで比較してみました。

比較表
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AhCtsHOh5xtRdHI4TkxiSTRBcUlhM1NiZFBTc05rdWc#gid=0

スペックと価格だけを見るに、私はブレスエアーが最もコスパ高いと思っています。
寝具は睡眠の質(疲労回復)、つまりその後の人生を大きく左右しかねないので、その購入は重要な投資です。

機能の比較をやるとして
長い時間身体を支えるものなので、実際の使用感というのがとても大事だと思います。

本当は全部試すのが一番なのでしょうが、
上に挙げたような製品を全て試せる家具店って都内の方に行かないとないですよね。
試すだけ試して購入は家に帰ってから安い通販で、という事も起こり得そうですし。
そうなると、採算が取れなくて家具店は潰れていきます。
しかし、「家具を試したい」という需要は潜在的に大きいと思うんです。

【自治体】田舎で広いスペース(土地代も安い)あるのに生かせていない。
【地域】人集めたい。
【メーカー】できるだけコスト削減したい。でも良い商品なので試してもらいたい。
【消費者】できるなら多くのものを試してから買いたい。ネット通販と同じ位の値段で買いたい

これらが上手く噛み合う仕組み考えられないかなぁ。

日立のオーブンレンジ MRO-DV200 のエピソード

2009年3月に45000円で購入し、約3年3ヶ月過ぎた先日
レンジで暖め始めてから数十秒後に「H54」なるエラーとともに
停止するという事態が頻出するようになりました。
オーブン機能の方は普通に使えていました。

保証書に記載されている期限は本体1年、マグネトロン2年
よって修理は有償、マグネトロンの交換の場合は2万円。

同機能の電子レンジに買い換えるとなると
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1120130032
22600円+代引き手数料+送料
うーん、どうしたものか。

ダメ元で日立に問い合わせたら、状態を確認したいとのことで
日立の人が自宅に来ました。

「H54」エラーは暖め始めてから指定時間後、マグネトロンの電流が
規定の値(10A以上)に達していないと出るエラーコードとのことです。
つまり、ネット上でも解説されているように「マグネトロンの異常」と解釈されるようです。

で、指摘されたのですが、我が家側にも瑕疵がありまして
http://kadenfan.hitachi.co.jp/manual/pdf/mro-dv200_c.pdf
のP6警告に「定格15A以上のコンセントを単独で使い」
と書いてあるのですが、なんと定格10Aの三つ叉コンセントを
家のコンセントとオーブンレンジの間に2つも間に咬ませた状態で使っていたんですね(=w=;
オーブンレンジそのもの故障には繋がらないような設計にはなっているとのことですが
コンセントが家具で見えにくいとはいえ、私が気付くべきでした。
劣等生でしたが、仮にも工学系を出ているのに、なんたる醜態。
よく3年3ヶ月何事もなかったなぁ・・・

そんなわけですが、該当オーブンレンジを工場に送り検証するということになり
(修理に出している期間、日立の側で代替オーブンレンジも無償で手配してもらえます
我が家は予備のオーブンレンジあったので代替レンジは利用しませんでした)
結果、”マグネトロンと基板の交換をした上で1万円”で済みました。

こうしたアフターサポートの事は
ネット社会でクチコミが広がりやすくなった現代でも
残念ながら、価格とスペックの影に隠れてしまい、表に出にくいようです(悪い内容は広がりやすい)
しかし、人件費がかかる。
必要最低限以上に充実しても、売上・利益に結びつきにくい。

「そんな甘いことや基礎研究ばっかりやってるから、利益が上がらないんじゃなかろうか?
日本企業も株主利益を第一とするべき。削れるところは徹底的に削るべき。
デザイン重視で安くして、広告でゴリ押しすれば売上は上がるはず。」

という株主の声が出てきそうですね。
(一応、直近2期は事業売却などにより利益をあげています。)
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASFL100H9_10052012000000

ともあれ、我が家が次家電購入する際、日立が外されることは回避されました。

ドラッカー名言集

【タイトル】[英和対訳]ドラッカー名言集
【著者】P.F.ドラッカー

もしドラブームが取り上げられたので軽い気持ちで図書館に足を運び
もしドラの方は予約130名待ちとかとんでもないことになっていたので
ちょうど返却後の書籍がまとめられている棚にあった本書を手に取りました。
不安定な時代で道を切り開いていくのには自らの中にしっかりとした
柱が必要だと思います。ドラッカーさんの言葉はその柱を見つける
一つの参考になるのではないでしょうか。

真摯(integrity) 機会(opportunity) 貢献(contribution) 成果(achievement)
という単語が特に目に付きます。

カテゴリー:ビジネス, 批評, タグ:

Sleipnir → Firefox の検討

移行を思い立った訳

私が製作しているコンテンツAndroidスマートフォン比較表
ドラッグ&ドロップによるレイアウト変更の制御をjavascriptを用いてやっているのですが
それにバグが見つかったためバグフィクスをやってみようと思って調べたところ
FirefoxのFirebugというアドオンが便利という情報があり
この際まじめに移行を考えてみようということに至りました。

Sleipnirの何が魅力的なのか?

私の中でタブブラウザといったらSleipnirで2002年に登場してから2010年の今まで長年愛用しています。
それまでoperaやfirefox、IE8等のタブブラウザも試してみましたが
結局最後はSleipnirに落ち着いてきました。その理由をあげると以下の通りになります。

a-1. マウスジェスチャー
a-2. サイドパネルカスタマイズ
a-3. 多段タブ
a-4. RSSリーダー「Headline-Reader」

b-1. 安定した動作
b-2. 検索フォームからのリンクを新規タグで表示

aとbは微妙に違いがあるのですが、それは後述します。
スキンは全くいじらない(必要がない程デフォルトで満足している)ので外してあります。
メインで使用するブラウザを乗り換えるとしたら上記の条件を全て満たすことが必要条件となります。
Firefoxの場合、これらの条件を満たすために豊富と言われるアドオンを追加していくことになります。
お気に入りの移行については、こちらのサイトが大変参考になります。

こんな感じに使っています。

a-1. マウスジェスチャー

Sleipnirの「ツール」→「Sleipnir オプション」→「ユーザーインテーフェース」→「マウスジェスチャ」で設定できるマウスジェスチャは
大変便利で、特に私が利用するのは次の通りになります。
← 前のウィンドウ(タブ)へ移動
→ 次のウィンドウ(タブ)へ移動
↓→ 現在のウィンドウ(タブ)を閉じる
↓ 新しいウィンドウ(タブ)を開く
↓↑ アクティブなウィンドウをコピー
→← ShowBookmark Panel
←→ ShowRSSbar Panel

Firefoxでの実現

FireGesturesというアドオンで要件を満たすことができます。
また、マッピングの条件をこちらのほうがより細かく指定が可能でした。
マウスジェスチャに関してはFirefoxへの移行は問題なさそうです。

a-2. サイドパネルカスタマイズ

Sleipnirの「ツール」→「Sleipnir オプション」→「Dock」→「エクスプローラーバー」にて
左にあるサイドバーはアクティブでなかったら折りたたまれたり、カーソルオーバーで展開できるようにしたり
またその認識範囲と時間を細かく設定が可能です。

Firefoxでの実現

All-in-Oneというアドオンで要件を満たすことができます。
「全般」→「サイドバースイッチ」でサイドバー開閉のアクションをSleipnirと同じように設定することが可能です。
また、サイドバーのサイズと表示位置も指定が可能でした。

a-3. 多段タブ

Sleipnirの「ツール」→「Sleipnir オプション」→「Dock」→「タブ」「タブ拡張」にて
多段タブの設定やタブの幅、タブへのアクション、新規タブの位置等細かい設定が可能です。

Firefoxでの実現

Tab Mix Plusというアドオンで要件を満たすことができます。
「設定」→「表示」→「タブバー」にて多段タブの設定がSleipnir同様に行えます。

a-4. RSSリーダー「Headline-Reader

Sleipnirの拡張プラグインで重宝しています。
サイドバーにてフィードの管理、上部ペインにて指定フォルダ/フィードの記事一覧
マーカー・時間・キーワードでのフィルタをかけることができます。
そして、下部ペインにて記事が表示されます。

Firefoxでの実現

結論から言うと、無理でした。
Briefというアドオンが一番近かったのですが
Headline-ReaderのフィードをOPML形式でエクスポートし、Briefで読み込んだのですが
これがとんでもなく重くて、フリーズを連発することになります。
どうやら、briefにはフィードを多く登録すると動作が重くなるといった仕様があるそうです。
これは、たくさんの情報からフィルタをかけ抽出したい私の使用用途とは合致しないものでした。

Firefoxの予期せぬ不満点

Sleipnirの何が魅力的なのか?のb項と繋がるのですが
Firefoxでは右上の検索フォームを使用すると現在見ているページを上書きする形で検索結果が表示されます。
Sleipnirでは新しいタブが開き、そこに検索結果が表示されます。
もちろん、解決する手段はあります。こちらのサイトに詳しく書かれています。
意味深な警告が表示された後、レジストリをいじるような操作をします。

まだまだあります。メモリの使用量がすごい。それほどタブを開いていないにも関わらず
最初の5Mから50M~100M、200Mとグングン伸びていきます。
これも解決する手段があります。こちらのツールを使うことで定期的にFirefoxのメモリを定期的に解放してくれるそうです。
(こちらのツールを使ってもbrief使用時のフリーズは解決しませんでしたが・・・)

また、アドオンの中には日本語での説明がないものが多数あり
豊富あると言われるアドオンで英語の壁に当たることになります。

総論

私の個人的使用の範囲では、メインのブラウザをFirefoxにしようとすると
多くのアドオンを入れる必要があり、かつフリーズの発生確率の高さに怯えないといけなくなるため
余計に面倒なことになってしまいます。
結局メインで使うブラウザはSleipnirに落ち着くことなりました。
Firefoxは当初の考え通りjavascriptのバグフィクスのみで使用していくことになりそうです。
しかし、Firefoxのアドオンによる拡張性の高さは(不安定ながらも)非常にワクワクするものでした。
カオスだけど可能性が高いという点はAndroidと似ていますね。
上級者向けタブブラウザSleipnirなのですが、Firefoxの方がより上級者向けなのかも?

この記事が同じような課題に当たっている人の助けになれば幸いです・・・が
もし助かった、参考になったという方は下記を見て頂けるとより幸いです。

Amazon.co.jp 楽天市場 – このリンクから買い物すると、購入代金は変わりませんが
購入代金の一部が管理人に還元されます(アソシエイト・おひねり)

カテゴリー:電子機器, 批評 タグ: , ,

きたみりょうじ:新卒はツラいよ!

【タイトル】新卒はツラいよ!
【著者】きたみりょうじ

きたみさんの本で一番記憶に残る本でした。
5回以上読んでいます。
漫画で就活~転職までの話が著者の実体験を元にテンポよく描かれていて
その間にあるコラムにためになる言葉、考えさせられる言葉があります。
・会社じゃなくて人なのよ
・やるしかない!と割り切れた時が成長期
等々。
私は以前、比較的しっかりとした会社の社内SEとして努めていました。
そんな会社ですら、この本の中のイワタニさんのような人はいました。
就活中の学生やこれからSE業に携わろうという人は読んでおいて間違いない書だと思います。

カテゴリー:電子機器, 批評, タグ:

エコパネェっす

正直、私個人としては近年の「エコ買え!エコ買え!」の風潮はあまり好きではないのですが
ECOはエコロジーだけでなくエコノミカルのエコとも言われてます。
庶民としてはエコノミカルの方が大事ですよね。

20年前から我が家の守護神として台所に君臨し続けている東芝の冷蔵庫が
コンプレッサーの疲労のためかヴォンヴォンヴォン五月蠅い音を発し始めて幾数年。
いや、まだまだ使おうと思えば使えるんです。
生きてます。頑張ってます。
父も壊れるまで使う!と言っていたのですが
私には非常に耳障りな周波数を発しているので私が新しい冷蔵庫買うことになりました。
これで、仮に私が亡くなっても私の変わりに我が家の台所を見守り続けてくれるという粋な計らい。

買ったのはこちら
日立 フロストリサイクル冷却 真空チルドS R-SF52ZM
http://kakaku.com/item/K0000058251/spec/
家電エコポイント制度は環境によい家電を普及させようというのが表向きの理念ですが
実際に店構えて雇用を生み出している店を少しでも潤してあげようという意図 もあるものと勝手に解釈し
ヤマダ電機のGWセールで送料リサイクル料込み14万円で購入しました。
エコポイントは家電単体の10000+リサイクルによる4000=14000となります。
これを申請して図書券に変え、書籍代にあてます。差し引き12万6000円。
せっかくなので、エコの力というのがいかほどのものか
試してみようということになり 冷蔵庫の届く日にちを5/11に指定しました。
5/11は5月と6月の切り替えとなる日です。
ライフサイクルは全く変わっていないので
前月との電気代の差額はこの冷蔵庫によるものと考えられます。
で、結果は上の画像の通りです。
5月|32日分|580kWh|12,714円
6月|28日分|393kWh| 8,574円
違いは明らかですね。
伊達にエコエコ言ってないな。
3段料金をいかに抑えるかが鍵。
プリウス等のエコカーを買っても燃費でペイできるまで10年以上かかりますが
冷蔵庫なら2年ちょっとでペイできそうです。

新旧冷蔵庫、消費電力の差
580[kWh] × 28 / 32 = 507[kWh]
507[kWh] – 393[kWh] = 114[kWh]
114000 / 24 / 28 = 169.6[W]
20年という年月は大きいものなのですね。
で、冷蔵庫の使用感なのですが
もうサイコー♪
・不快ななノイズが消えた。そのレベルは静音ではなく、無音です。
・今までのより容量100[L]以上増えました。 ・冷蔵庫内のレイアウトの自由度が高い
・自動製氷機、しかもフィルターにより氷が美味い!氷が占める割合が多くなるのでお茶などの節約に。
・その他カタログで宣伝されているメリットを十分に甘受しております。

冷蔵庫を長い年月ずっと使い続けている人は
思い切って冷蔵庫を買い換えてみるのもありかもしれないです。
また、もう過ぎてしまいましたが、母の日のプレゼントとかにも十分にありかもしれませんね。

カテゴリー:ビジネス, 経済, 電子機器, 批評 タグ: ,