アーカイブ

Archive for the ‘パソコン’ Category

RICOH THETA SC レビュー編

予てから遊びたいと思っていた

360°カメラ RICOH THETA SC

を遂に購入しました(*゚∀゚*)

 
■良かった点
・思った以上に高解像度
3Dプリンタ BS01+ のプリント最中を撮影してみました。

3Dプリンタ BS01+ 内部 – Spherical Image – RICOH THETA

・動画は5分で十分

25分撮影かつライブストリーミングしたい人には RICOH THETA S というのがありますが
個人的には5分撮れれば十分です。
そもそも、RICOH公式の共有SNSですら15秒(すくなっ(´゚д゚`))しか投稿できませんしね。


 
・初期セッティングが簡単

※最初私のスマホが5GHz帯のみとの通信設定にしていたので
少し嵌まりましたが、通常の使い方している人なら大丈夫と思います。

・天地補正

例えば、カメラを横向きや下向きにした状態で撮影をしても、ビュワーで見る際は
静止画・動画ともに上を上として見ることができます。

 
■残念な点

・スマホとの接続がwifi 2.4GHzのみ

スマホ、thetaともにバッテリーがもりもり減っていきます。
スマホ用モバイルチャージャー が使えることが救いでしょうか・・・
しかし、スマホ側はthetaに接続中wifi使えなくなるので、やはり面倒くさいです。
Bluetooth 4以降に対応していたら満足度は相当に高くなります。

・充電時にはwifi使えない

常にバッテリーを気にしなければならないため定点カメラとして使えないです。

・スマホ側編集アプリがAndroid 4.4以降対応

360°カメラは意図しないものも映る可能性が極めて高いので編集したいところです。
基本アプリが4.1以降対応に対し、編集用が4.4以降なので
4.2のスマホを愛用している自分としては少しもやもや。
新しいスマホ買えばいいだけの話ですが、なかなかコンパクトで良い物がないので・・・

 

次の記事では、運用・編集について記述したいと思います。

 

 

★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

カテゴリー:3Dプリント, パソコン タグ: , ,

3Dプリントモデル作成アプリを 123D → Fusion 360 へ

3Dプリントデビューから早1年が経ち
そろそろ複数の部品が組み合わさった稼働域がある設計をやってみたくなり
CADツールをAutodesk 123DからAutodesk Fusion 360へ移行を試みています。
両方とも無償(条件有)ではあるものの、違いを見てみると・・・

123DとFusion 360の違い

このテーブルの説明

2017/3時点で管理人の体験や情報に基づくものです。

項目 123D Fusion 360
3Dプリント対応 ○stl出力 ◎3Dプリンタ制御ソフトへ直接出力、stl出力も可
価格 無償 月額5400円(非営利目的であれば無償)
ユーザー登録 不要 必須
ストレージ オフライン クラウド、オフラインでの作業も可能、しかし保存フォルダがCドライブの規定フォルダから変更できないなど不便な点有り
オブジェクトブラウザ 無し、プロジェクト内のオブジェクトを個々に出力するのが面倒 有り、レイヤーのように分かれていて個別に出力可能
履歴管理 無し 有り
下絵対応 無し 有り
組立 無し 有り
曲面対応 無し 有り
レンダリング 無し 有り
解析 無し 有り

と、機能面での差は歴然としています。
しかし、単体の簡単なオブジェクトを作る分には、123Dの方が機能が絞られている分やりやすいと思います。

Fusion導入直後、試しに直方体を3Dプリントしてみようとしたのですが
なぜか横倒しの状態で出力されていました。
下記記事のお陰で問題が解決できました。感謝(‘∀`)
FUSION360 3Dプリンタをよく利用する方の為の1つ大事な設定

とりあえず操作に慣れてみようということで123Dでも作れるものをモデリングしてみました。
USBキャップとmicroUSBキャップです。

3Dプリント:USBキャップ

3Dプリント:USBキャップ

両方とも一発成功しました(^ω^)

書籍Fusion 360 操作ガイド[ベーシック編]も届いたので
楽しみながら学んで、創作物やノウハウをアップしていければと思います。

★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

Logicool G700Sのスイッチ交換

Logicool G700Sの自力修理のお話です。

結論から言うと、完璧に成功しました!
チャタリングによって期限が悪く荒ぶっていたのを、スイッチ交換によって解消しました。
他の生きているボタンを殺すこともなかったです。

G700Sスイッチ交換中

G700Sスイッチ交換中

■交換したスイッチ■
左:元のスイッチ 右:交換後のスイッチ
オムロン(OMRON) D2F-01F
←がG700S付属の中国産スイッチ、→が今回購入して取り付けたスイッチ
新品だからかもしれませんが、クリック感が確かなものとなっています。

■参考にさせていただいたサイト様■
スイッチ交換修理!ロジクールマウスG700のチャタリング対策
Logicool G700スイッチ交換 | Chocolate Device

細かい手順や画像については、上記サイト様にあげられているので
この記事では、G700Sのスイッチ交換の最大の難所と言われている
14ピンのはんだ除去と再はんだ付けに焦点を絞り
自分が使った道具と、工夫した点のみ書きたいと思います。

■用いた道具■
はんだごて:白光(HAKKO) FX600
はんだごて台:白光(HAKKO) こて台 633-01

はんだごては温度調整可能なものとなっています。
温度調節機能がないはんだごてだと、おそらく全機能(スイッチ)を生かしたまま交換を成功させるのは相当に難しいと思います。

■工夫した点■
①はんだこて温度
LogicoolはRoHS遵守なので、鉛フリーはんだが使われているはずです。
鉛フリーはんだは融点が数十度高くなってしまいますが
基板へのダメージを考えるとむやみに温度を上げることはできません。
私ははんだ吸い取り時は370度、はんだ付け時は320度に設定して行いました。
少々基板が焦げてしまったので、はんだ吸い取り時の温度をもっと下げとけば良かったと思います。

② はんだ吸い取り線の形状
ピン同士の間隔が狭く、基板上に導線メッキがほどこされており、鉛フリーはんだのため温度的な余裕がありません。
少しでも作業の精密性をあげるため、はんだ吸い取り線の熱を逃がさないために画像のような形状にあらかじめカットしました。

はんだ吸い取り線カット

はんだ吸い取り線カット

③工夫3 収納ケース
細かい部品の取り外しを行うため、あらかじめケースを用意しておきました。
ホイールを支える直径0.5mmほどのスプリングはほんと存在感がなく
無くしやすそうなので、最新の注意を払って取り外しと取付を行いました。

■総評■
以上です。
新しく買っても良かったのですが、自分が「これだっ」と思えるマウスが
現状なかったのでスイッチ交換に挑戦してみました。
先駆者の記録があったおかげで、成功することができました。感謝です。
基板が若干焦げてしまったので、寿命は怪しいですが、G700Sのコンセプトを引き継いだ次のマウスが出るまで
もってくればなあと思います。
ゲーミングマウスだけど
3DプリントのためのCADや動画編集などの開発ばかり
全然ゲームに使ってないや^^;






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

Windows7→親へ。新Windows10PC購入

現在使っている4年半前のWin7機に特に大きな不満はなく
決算セールを待つという選択もありましたが
・親が使っている8年前のXP機の動作が危うく、今自分が使っているWin7機を渡したい
・冬休み前に環境移行を終えたい
ということで、購入に踏み切りました!

Win10PC

Win10PC

Win10PC 内部

Win10PC 内部

Win10PC 内部裏側

Win10PC 内部裏側

新旧パソコン比較(購入時構成)
項目 旧PC(2011/5~2015/12) 新PC(2015/12~)
購入時期 2011年5月 2015年12月
購入店 ツクモ レイン
価格 114,100円(税・送料込) 128,505円(税・送料込)
ケース ツクモオリジナル Antec P100
電源 TopPower 550W 80Bronze Seasonic SSR-550RMS 550W 80PLUS GOLD
OS Windows 7 Professional Windows 10 Home
マザーボード ASUS P5K ASRock Z170 Extreme4
CPU Core i5 2550K SundyBridge 3.2GHz 4Core Core i5 6600 Skylake 3.3GHz 4Core
CPUクーラー リテール リテール
メモリ Tresend 4GB ×2 CFD – W4U2133PS-8GB ×2
SSD SSDSA2CW160G3 SANDISK SDSSDXPS-480G-J25
マルチドライブ HL-DT-ST DVDRAM ASUSTeK DRW-24D3ST/BLK/G/AS

静音性とシステム・アプリの起動時間が大幅に向上しました!
CPUのWパフォーマンスが高く、リテールクーラーに標準グリスなのに
アイドル時:22℃~、高負荷時:45℃~となっています。
(Win7機のは銀グリスでもアイドル時:35℃、高負荷:65℃~)
後々パフォーマンス要求されるようなことがやりたくなった時に備えて
cpuクーラー変えられるようなケースにしたのですが、不要だったかも(汗)
全体的な動作もきびきびしています。これはSSDの性能向上によるところが大きいのかも?

OSのWin10はデスクトップとしては、正直自分の中ではまだWin7以下です。
今まで愛用していたランチャーソフトやキャプチャソフトが動作不安定で代用品探しに苦慮しましたし。
Win10をデスクトップPCとしてWin7程度までに使えるようにするには
レジストリなどいじってロック画面でなくしたりと色々やらないといけません。
Cortana・仮想デスクトップ・スタートメニューのタイル等の機能を使いこなせるようになると
また違った評価が出てくるかもしれません。

また、今回初期起動時に、起動後しばらく(数秒~数分)して電源が突然落ちるというトラブルがありましたが
電源コードを束ねたまま使っていた自分の横着&注意不足が引き起こしたものでした(;´Д`)
今は安定しています。

ともあれ、オーバースペック気味のこのPCを活用できるように
色々と開発や創作活動にチャレンジしていきたいです!

パソコンの電源交換 Antec NeoEco550

電源交換前

電源交換前

電源交換後

電源交換後 Antec NeoEco550c

購入後4年と半年経った、2ヶ月前あたりから
PC起動後しばらくブーン・カタカタカタと異音を発し
しばらくすると音が気にならないレベルまで落ちる、という現象が起こっていました。
徹底的に清掃しても変わらずだったので
ファンのベアリングの摩耗・経年劣化によるものと断定しました。
動作自体は全く問題なかったのですが、
これからまだまだ活躍して頂きたいですし
突然死なされても困るので、電源交換に踏み切りました。

取り回しが上手くいかず、四苦八苦しながらやっとこさ
納得いく配線にすることができました。
音も大変静かになり、心なしか起動が速くなったような・・・?

電源交換は初だったのですが、実際に自分でやってみて、やはりプロは凄いと思いました。
(ツクモのAeroStreamというBTOデスクトップです。)
限られたスペースに、数多の精微なパーツが露出していて
納期や静電気にも気を配らなければならない
という条件なのに、スッキリとした配線。
かつ、グラつきが出そうな接合部にはテープ止めもされていました。

外科医・整備士などの業務にも同様の事が言えるので敬意を表します。

カテゴリー:パソコン, 電子機器 タグ: ,