ゲームマーケット2016秋出展に応募しました。

歯科矯正の器具の追加が最終段階を迎え
口の中てんこ盛りで租借する度に違和感や苦痛が伴っているので
あまりまともに食事する気が起きずエネルギー切れ気味な上に

・10~11月に入院を伴う手術が控えている
・10~11月に資格試験2つ受験
・新規案件
・新規事業構想

と色々ヤバ気な中、
ゲームマーケット出展に応募するか悩んでいたのですが
新作の構想はできていて、おそらくゲムマ秋あたりに丁度旬を迎えそうなテーマな作品になるので
応募しちゃいましたヘ(゚∀゚ヘ)

新作ゲームコンポネ

新作ゲームコンポネ


コンポネはこんな感じで1セットに多くのパーツが必要となるのに
3Dプリンタは大量生産に不向きなため、少量販売のギリギリ黒字な販売計画となります。
ただ、その3Dプリンタのおかげで固定費ほぼ0に押さえられるので、気軽に自己満足参加できます(´∀`)

前作のリフレクの反省点を活かし
・4人プレイ
・プレイ時間15分程度
・隠蔽、運要素、出し抜き騙し合い 有り
・頭は使う
という内容になります。
どうせヤルからにはできること増やしたいので、試遊スペース設置+英語解説書に挑戦します(^ν^)
(あれ、でも試遊スペース儲けちゃうと他ブースに挨拶にいけない?)

前回のラミィキューブスタンドみたく、3Dプリントできる何かのサポートパーツみたいの出してみたいかも。

iPhone5S用ポケモンGOエイムアシストパーツ

iPhone5S用ポケモンGOエイムアシストパーツ

余談ですが、懲りずに中小起業診断士の一次試験を受けてきました。
1年目は2日目3教科とり、2年目で2次と牽連性高い1日目4教科+2次受験
というプランです。
目論見通り行くか分かりませんが、合格しなければ意味がないので集中しないと。
地方在住者は仕事しながら都内の講習行くのはキツイので
勉強仲間作りにくく孤独学になってしまうのが厳しいですね(;・∀・)
(↑自分の交流範囲が狭いだけ)

夏です。自分にとっての夏=スイカ・メロン。
毎日スイカ食べてます!
サイコロ型にカットして種を抜いて食べやすくします。
カットスイカ

広告

Androidアプリ「アナログゲームタイマー」を公開しました。

アナログゲームタイマー

アナログゲームタイマー

GooglePlayのページはこちら

ラミィキューブやカルカソンヌなど、思考対戦型のゲームをしていると
思わず長考してしまいテンポが悪くなることが多々あります。

しかし、タイマーを導入して「はい全員大会ルールで一律1分ね」だと初心者が厳しいので
「個別に時間を設定できるアプリはないかな?」と探してみたところ、意外に見つからなかったので
自分で作ってみることにしました。
※「無いなら作ればいい」が学校の先生の口癖でした。

平日仕事終わった後にせこせこ作りまして、着想から公開までの時間は5日です。
Android Studio を1.5→2.1にアップデートしての取りかかりでしたが、
大分開発しやすくなっていますね(特にデザイナー周り)

話をアプリに戻しまして、
このアプリを使うと、大会を目指す上級者は1分(もしくは鍛錬のために40秒)、
初心者は3分・もしくは99分、など柔軟な対戦設定ができます。
脱落者や勝ち抜けが発生する場面にも対応できるようにしました。
表示・音声読み上げともに多言語対応にも挑戦してみました。






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

ゲームマーケット2016春に出展しました!

ゲームマーケット2016春_ビッグサイト

■経緯と背景
・~マーケット系のイベントには、出展は疎か参加経験もなし。
・「参加するなら作る側で~」とは思っていました。
・ビッグサイトには入社説明会で会議棟に一度行ったことがあるくらい。
・ゲムマ出展を決めたのは2015年11月
・3Dプリンタ購入したのは2016年2月
・根底にあるのは、「とにかくやってみよう」「きっとなんとかなる」というアマイ考え。

■ブース内容
サークル名:[E07]C県者流
出品タイトル:「リフレク」増田屋コーポレーション製ラミィキューブ用のオリジナルカスタムパーツ」

リフレク要素分析

地元のピザバル:バルエンカウント様から2名助っ人にきていただきました。
とても頼もしかったです。感謝!

ブースと助っ人のお二人

ブースと助っ人のお二人

被っていただいているお面は出展二日前くらいに衝動的に作ってしまったもの・・・
ラミネート失敗したボードが「僕を使ってお面を作ってよ!」って言っていたような・・・(幻

■成果
・半分程売れました!
・オーダー品全て受け取ってもらいました!
・ニッチ過ぎて売れないだろうなあと思いつつ
 ノリで作ってしまった「さいとうセット」が売れた!ミラクル!

ラミィキューブカスタムパーツ

ラミィキューブカスタムパーツ「さいとうセット」

・何名かと名刺交換することができました~

■反省点~当日まで
・3Dプリントをなめていた。
 温度・グリス・ベルトテンション・ねじの緩みなどなど
 管理が必要な条件が多く、
 積層式なので、どれか1つでもおかしくなると造形が不安定になります。
 プrント途中で何か問題がおきると全部おじゃんになります。
 家庭用紙プリンタと違い、時間も結構かかります。
 あと出力後の研磨(やすりがけ)がかなり大変でした。
 触ると分かるレベルの細かいバリが結構発生します。
 (業務用の3Dプリンタなら上記の問題が解消されているのかも)
・出展を決めてからは、作るのに精一杯でボドゲを遊ぶ機会が減っていました。

■反省点~当日
・ゲムマ開場してからしばらくメイン商品の価格表示忘れてた。
・人混み酔いしてしまいました。
・自分の作品とブースのことで頭いっぱいで
 他の出展者様の情報・挨拶・購買を疎かにしてしまいました。とても心残り。
・当日独力でやることばかり考えていて
 助っ人さんに何をお願いしたら良いのか分からなかった。
・ブースの空間(特に前方足下)を活かせなかった。
・開場してからの時間振りがほぼノープランだった。

■今回と次回(も出展することがあれば)の心意気

今回(2016春) 次回
落とさずに出展する!
モデリング→3Dプリンタを身につける!
自分が好きなものに絡めたニッチなものを作る!
閑古鳥鳴いてもいいや。
なるべく周りに迷惑をかけず自力で頑張る!
開場1時間で100個完売する作品を作る!
試遊ブースを使う!
プレイヤー3人以上で楽しめるタイプのゲームを作る!
外国人参加者にインストする!
人を巻き込みたいなあ・・・
他の出展者様に挨拶して作品買う!

■感想
とんでもない人数と他出展者様のブースのクォリティに終始圧巻されていましたが
今回、創意工夫をした作品達が集まる場に参加できたことを嬉しく思います。
来店してくれた方、購入してくれた方、手伝ってくれた方、運営に感謝です。

仕事、資格勉強、矯正治療などがあるのでなかなか時間取れないですが
また都合が良ければ、時間を捻出して挑戦してみようかなと思います。

 

★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

Logicool G700Sのスイッチ交換

Logicool G700Sの自力修理のお話です。

結論から言うと、完璧に成功しました!
チャタリングによって期限が悪く荒ぶっていたのを、スイッチ交換によって解消しました。
他の生きているボタンを殺すこともなかったです。

G700Sスイッチ交換中

G700Sスイッチ交換中

■交換したスイッチ■
左:元のスイッチ 右:交換後のスイッチ
オムロン(OMRON) D2F-01F
←がG700S付属の中国産スイッチ、→が今回購入して取り付けたスイッチ
新品だからかもしれませんが、クリック感が確かなものとなっています。

■参考にさせていただいたサイト様■
スイッチ交換修理!ロジクールマウスG700のチャタリング対策
Logicool G700スイッチ交換 | Chocolate Device

細かい手順や画像については、上記サイト様にあげられているので
この記事では、G700Sのスイッチ交換の最大の難所と言われている
14ピンのはんだ除去と再はんだ付けに焦点を絞り
自分が使った道具と、工夫した点のみ書きたいと思います。

■用いた道具■
はんだごて:白光(HAKKO) FX600
はんだごて台:白光(HAKKO) こて台 633-01

はんだごては温度調整可能なものとなっています。
温度調節機能がないはんだごてだと、おそらく全機能(スイッチ)を生かしたまま交換を成功させるのは相当に難しいと思います。

■工夫した点■
①はんだこて温度
LogicoolはRoHS遵守なので、鉛フリーはんだが使われているはずです。
鉛フリーはんだは融点が数十度高くなってしまいますが
基板へのダメージを考えるとむやみに温度を上げることはできません。
私ははんだ吸い取り時は370度、はんだ付け時は320度に設定して行いました。
少々基板が焦げてしまったので、はんだ吸い取り時の温度をもっと下げとけば良かったと思います。

② はんだ吸い取り線の形状
ピン同士の間隔が狭く、基板上に導線メッキがほどこされており、鉛フリーはんだのため温度的な余裕がありません。
少しでも作業の精密性をあげるため、はんだ吸い取り線の熱を逃がさないために画像のような形状にあらかじめカットしました。

はんだ吸い取り線カット

はんだ吸い取り線カット

③工夫3 収納ケース
細かい部品の取り外しを行うため、あらかじめケースを用意しておきました。
ホイールを支える直径0.5mmほどのスプリングはほんと存在感がなく
無くしやすそうなので、最新の注意を払って取り外しと取付を行いました。

■総評■
以上です。
新しく買っても良かったのですが、自分が「これだっ」と思えるマウスが
現状なかったのでスイッチ交換に挑戦してみました。
先駆者の記録があったおかげで、成功することができました。感謝です。
基板が若干焦げてしまったので、寿命は怪しいですが、G700Sのコンセプトを引き継いだ次のマウスが出るまで
もってくればなあと思います。
ゲーミングマウスだけど
3DプリントのためのCADや動画編集などの開発ばかり
全然ゲームに使ってないや^^;






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

ゲームマーケット2016春に出展します。

ゲームマーケット2016春に出品します。
サークル名:「C県者流」
出品タイトル:「リフレク」増田屋コーポレーション製ラミィキューブ用のオリジナルカスタムパーツ」

リフレク

リフレク

ラミィキューブオリジナルスタンドパーツ

ラミィキューブオリジナルスタンドパーツ


取り付け動画はこちら

詳細は上記リンク先のゲームマーケット参加者ページを参照お願いします。

3DプリンタBS01でスーパーせんどうの給水ボトルの部品を出力

2016年2月20日 1件のコメント

スーパーせんどうに給水機で使う給水ボトル(400円)の
ボトルと取っ手をつなぐ部品が壊れてしまっていました。

壊れた給水ボトル部品

壊れた給水ボトル部品

せっかく3Dプリンタ BS01を使えるようになったので、代わりの部品を作成してみることにしました。

いざ、同じような部品を作ろうとして
これがなかなかやっかいな部品であることが分かってきました。

ボトルに取り付けることや、3Dプリンタの出力の特性(オーバーハング無理)
を考えると、一発出力するとボトルに取り付けることができなくなってしまうのです。
なので、分割出力し、アクリサンデーで接着することにしました。

Autodesk 123Dでの設計

Autodesk 123Dでの設計

分割→stl出力した後の部品データをRepetierで読み込み、slic3rでスライスします。

slic3rでスライス

slic3rでスライス

3D出力してバリとり&やすりがけしました。
フィラメントはPolymax のtrue blackです。
強度が必要だと思ったのでこちらのフィラメントを選定しました。

バリが目立つ造形物・・・

バリが目立つ造形物・・・

分割出力した部品

分割出力した部品

設計ミスで、取っ手の回転に必要なスペースが足りなかったのと
設定が最適化されていないのか、造形物にバリが結構発生していたので
気合いのやすりがけで補正しました(これだけで1時間かかった(´Д`)

ボトルにアクリサンデーで組立て取り付けていきます。

アクリサンデーで接着していきます。

アクリサンデーで接着していきます。

組立完了

組立完了

このアクリサンデー、非常に強力なのですが、付属のスポイトがとても使いづらい・・・
次からは専用の注射器を購入して取りかかろう。

代替部品にした給水ボトルに水を満タンまで入れて持ち上げてみた動画がこちら

3Dプリント用stlデータはこちら
以上です。簡潔ですが、読んでくださってありがとうございます。






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

3Dプリント BS01+ テーブルに Buildtak を設置

1層目を制したものが3Dプリンターを制する。 | Genkei Forum

自分も例に漏れず、1層目が定着せずにフィラメントがノズル周りでもじゃってしまったり
造形物が途中ではがれておじゃんになるという
失敗ケースが出てきました。

失敗した造形物達

失敗した造形物達

ポリイミドテープのままでも
ノズルと台の距離を詰め直したり、アルコールで拭き取ったりすると
成功するようにはなるのですが、メンテナンスにかける時間は極力無くしたいので
BS01と一緒に購入しておいた、Buildtakを設置してみることにしました!

●Buildtakの使い方_Ver1.0.0.pdf
を読むと
「ABS モデルのテーブルにご利用される場合は、別途薄い銅板をご用意いただき
 その銅板に張り付けてご使用いただくことを推奨いたします。」
と記載されている。

「別途薄い銅板をご用意いただき」
1行でシレっと書かれていますが、これがかなり大変でした(・´з`・)

まず、近所のホームセンターで0.5mmの銅板を購入しました。

ホームセンターで400円で買った銅板

ホームセンターで400円で買った銅板

この銅板をBS01のテーブルサイズに歪ませずに切断します!
・・・どうやって?(゚Д゚)

アクリルカッター

アクリルカッター

アクリルカッター、これでひたすら削る!

・・・1時間近く必死にガリガリやっても終わらない(´Д`)
見た目30%ほど削れました。0.5mmの30%だから0.15mm・・・

平面度が重要なパーツなので、なるべく避けたかったのですが
日付変更線超えてしまい、根気が尽きていたので金斬りばさみでいっちゃうことにしました。

金斬りばさみ

金斬りばさみ

1分で切り終えることができたのですが
案の定、少々歪んでしまいました。(t2mmほど)

2mmというと、3Dプリントとしては致命的。
しかし、これは歪み方にもよりますが、設置する際にクリップやテープで補正が効きます。

銅板+BuildtakをBS01テーブルに設置

銅板+BuildtakをBS01テーブルに設置

※真ん中のクリップはノズルの進行上にあることが分かったので、この後テープに取り替えました。

再度0点出しを行い、プリントしてみました!
プリント→造形物はがしまでの動画はこちら

3Dプリントが捗りそうです!
BS01改造や設定調整をしつつGM出展に向けて頑張っていこうと思います。






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

カテゴリー:3Dプリント, 科学 タグ: ,