アーカイブ

Posts Tagged ‘ゲーム製作’

私がゲムマ出展を辞める理由

新年にあたり、やることやらないことを整理していました。

2017年行動指針

2017年行動指針

やはり、ゲームマーケットへの参加をしないことにしました。
2回しか出ていない私が書くのもおこがましいかもしれませんが
せっかくなので出展や製作話だけでなく、「辞める理由」というのも残してみようと思います。

(検索してみたところ
 ゲーム製作・サークル活動を辞めるところは
 理由を書き残さず、自然とフェードアウトしている?)

◆来場者と出展者(ブース)数◆

ゲームマーケット来場者数・ブース数・比率

ゲームマーケット来場者数・ブース数・比率


1ブースあたりの来場者数は順調に推移しており、近年では20以上をキープしています。

ただ、増えた来場者が均一にブースを巡るわけではなく
時間と資金の都合上から、一人当たりが回れるブースには上限があるため、必然と
・大手様
・プロデザイナー
・事前に都内のカフェ等に配布し話題事前評価作りが出来ている方
・(コスプレなど)目を引くパフォーマンスができるブース
により偏っていきます。

ブース数と来場者数が増えるに従い偏りが出るイメージ

ブース数と来場者数が増えるに従い偏りが出るざっくりとしたイメージ


特に近年の増加分であるライト層はその傾向になると思います。

◆費用◆
ゲムマへの出品にあたり、作品の原価だけでなく
ブース出展料、往復送料、交通費
と様々な形で出費があります。

「パナマ」損益計算

「パナマ」損益計算

作品の原価については
誰もが質の高い物を出しているので、売れる物を出すには
印刷業者さんに頼むことが最低ラインのような感じがしました。
印刷業者さんに頼めば、時間を節約しクォリティの高い物を作成できます。
マニュアル、ボード、チップ等の製作を依頼するとなると
固定費だけで3万円~となります。

最終的な赤字を回避するためには、価格設定にもよりますが、
50個以上作成し、販売する必要が出てきます。
印刷屋さんによりますが、最低でも50個からの受け付け(満印堂様)となっています。

◆時間◆
そんなわけで、私の場合、一切業者にお願いしない方針でやりました。
そうなると、代わりに時間がかなりかかります。

ルール作成、説明書作成、サイト作成に加え
3Dプリンタを使ったコンポーネントだったので、とてつもなく時間がかかってしまいました。
詳細は過去の日記に記載しました

作品が一通り形になりましたら
説明書折り→梱包作業という時間がかかる作業が待ち受けています。
私の場合、40個でも2人がかりで4時間くらいかかりました。(下準備有りでです)
手伝ってくれた友人に感謝(∩´∀`)∩

印刷業者に頼んでも、この梱包作業を行う必要があります。
twitterとかで他の作者を見ると皆苦労している様子でした。

◆感想◆
「パナマ」コンポーネントラミィキューブオリジナルスタンド 各国語
と、ここまで結構負なことばかり書きましたが
ゲームマーケット出展を通してできた経験や
手伝ってくれた方、購入してくれた方、興味を持ってくれた方
との交流は掛け替えのないものでした。
学びが多いため、学生のうちに仲間内と参加できると良いですね。

ただ、プロや大手、その道を目指す学生さんや業界の方々など
ハイレベルな方々が供給側で凌ぎを削る中
その道を目指すわけでもないぼんくらサラリーマンの自分が継続するには
上記理由により、かなり無理があるものと判断しました。
とりあえず経験できたからもういいかなと。
もし「パナマ」が完売していたとしてもこの判断には変わりなかったです。

ボードゲーム自体はとても知的・情熱的で楽しいものなので
製作を辞めることで空いた時間をプレイの方にまわしていきたいなと思います。

どうもありがとうございました。

◆参考にさせていただいたサイト様◆
USER CONTENTS 『ゲームマーケット2011春』レポート
植民地戦争+α ゲームマーケット2014秋レポート
国内最大級のボードゲームイベント「ゲームマーケット」から業界が見えた!
酒すごろく様

◆もし、「『パナマ』をプレイしてみたい」という方がいましたら◆
gmail: ckensyaryuu@gmail.com
twitter: https://twitter.com/ckensyaryuu
までご連絡ください。
レターパックにて郵送いたします。

価格(送料込) :2000円or Amazonギフト券2000円分
※再生産や次回ゲムマへの出展はしません。

ていうか、ぶっちゃけ原価公開した中買ってくれる物好きがいるとは思えませんが
せっかく遊んでもらうために作ったものなので手放したいものですヽ(´ー`)ノ

広告