アーカイブ

Posts Tagged ‘BS01’

RICOH THETA SC レビュー編

予てから遊びたいと思っていた

360°カメラ RICOH THETA SC

を遂に購入しました(*゚∀゚*)

 
■良かった点
・思った以上に高解像度
3Dプリンタ BS01+ のプリント最中を撮影してみました。

3Dプリンタ BS01+ 内部 – Spherical Image – RICOH THETA

・動画は5分で十分

25分撮影かつライブストリーミングしたい人には RICOH THETA S というのがありますが
個人的には5分撮れれば十分です。
そもそも、RICOH公式の共有SNSですら15秒(すくなっ(´゚д゚`))しか投稿できませんしね。


 
・初期セッティングが簡単

※最初私のスマホが5GHz帯のみとの通信設定にしていたので
少し嵌まりましたが、通常の使い方している人なら大丈夫と思います。

・天地補正

例えば、カメラを横向きや下向きにした状態で撮影をしても、ビュワーで見る際は
静止画・動画ともに上を上として見ることができます。

 
■残念な点

・スマホとの接続がwifi 2.4GHzのみ

スマホ、thetaともにバッテリーがもりもり減っていきます。
スマホ用モバイルチャージャー が使えることが救いでしょうか・・・
しかし、スマホ側はthetaに接続中wifi使えなくなるので、やはり面倒くさいです。
Bluetooth 4以降に対応していたら満足度は相当に高くなります。

・充電時にはwifi使えない

常にバッテリーを気にしなければならないため定点カメラとして使えないです。

・スマホ側編集アプリがAndroid 4.4以降対応

360°カメラは意図しないものも映る可能性が極めて高いので編集したいところです。
基本アプリが4.1以降対応に対し、編集用が4.4以降なので
4.2のスマホを愛用している自分としては少しもやもや。
新しいスマホ買えばいいだけの話ですが、なかなかコンパクトで良い物がないので・・・

 

次の記事では、運用・編集について記述したいと思います。

 

 

★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

カテゴリー:3Dプリント, パソコン タグ: , ,

ゲームマーケット2016秋 新作トランプ拡張ゲーム「パナマ」製作話 BS01+評価

2016年12月31日 1件のコメント

東京ゲームマーケット2016秋に出展した。
「パナマ」コンポーネント
新作トランプ拡張ゲーム「パナマ」の主に製作面の記事を残します。

◆3Dプリンタ BS01◆
my3Dプリンタ BS01
【本体】ボンサイラボ BS01 ABS/PLA シングルヘッド 89800円(税込)
【サイズ】横250x奥400(フィラメント含む)x高400
【造形テーブル下地】 buildtak
【ノズル径】0.4mm
【積層ピッチ】0.1mm
【ケース】温度変化を起こさないようにAmazonダンボールと透明プラ板でケースを自作
【スクレーバー】オルファ 56B

◆3Dプリンタ製パナマ オリジナルカードスタンド◆
「パナマ」カードスタンド_モデリング
「パナマ」カードスタンドgif
厚さ0.1~0.5mmの紙・プラスチック製のトランプを
カードのみを持ってもスタンドが取れないくらいのほどよさで挟み込むカードスタンドです。

パナマカードスタンド_スライス後
3Dプリントを安定させるために
3Dプリンタのヘッドがなるべく一筆書きとなるようにモデリングをしました。
覚悟はしていましたが、かなりデリケートなもので
最終的なモデリングや設定に行き着くまでかなり試行錯誤を繰り返しました。

ゲーム1セットに赤青黒白の各色5個ずつの計20個必要です。
最終的に試遊品やサンプル提供品含めて40セット作りましたので
延べ800個作りました。

◆10個生産あたりにかかる時間◆
3Dプリント:1時間50分
バリとり、やすりがけ:20分
機能性チェック:10分

1セット20個分作るのに4時間40分
800個作るためにはかかった時間は
2時間20分×80=約184時間

◆メンテナンス◆
過渡期の家庭用3Dプリンタなので定期的なメンテが必要です。
これも大変でした。

bs01を使うに当たって行う必要が出てくるメンテは
頻度の順に
1 プーリーベルトテンション張り直し
2 スライダー部芋ネジ締め直し
3 台座調整
4 筐体ネジ締め直し
5 グリス塗り直し
6 モーター部芋ネジ締め直し
という感じでした。

MDF合板製ではなく、アクリルのidboxだったら3の筐体ネジ締め直しの間隔はもっと長くなるかもしれません。
最終的には、駆動音でどこらへんが調子悪くなってきているか分かるようになりました(マジで)

◆不良品率◆
モデリングや各種設定が決まり、大量生産体制になってからの集計です。
形状がいびつになったり、カードスタンドとしての機能性を満たせなかったもの: 3個
プリント中に失敗したもの: 10個(1つ剥がれたものが他を巻き込んで10個全滅)
プリント後の引きはがしで損傷したもの: 2個

15 / 815 * 100 = 1.840%
となりました。
他と比較できないのでなんですが、家庭用3Dプリンタとしては、低いと思います。
bonsai labさん & s labさん、良い仕事していますね。

◆台との吸着◆
生産するものが薄くデリケートなものなので
台との吸着の調整にもかなり手間取りました。
①吸着が弱いと印刷中に剥がれて大惨事
②吸着が強いと台から剥がす(収穫)の際にカードスタンドに力がかかり曲がってしまう
というジレンマがありました。

・台座の温度
・台座とノズルの距離最適化
・フィラメントの押し量
を調節してこの動画の状態までもっていくことができました。

◆BS01評価◆
【良いところ】
・他の国産外国産(安かろう悪かろうは除く)の3Dプリンタが30万円程度の価格帯の中
 ABS/PLA組立モデルが89,800円(税込)と低価格
・横250x奥400x高400のコンパクトサイズ。デザインもかわいい。
・ゲムマ春、ゲムマ秋の大量造形でも故障(ノズル詰まりなど含む)を起こさなかった。
・国内メーカー国内生産、国内コミュニティがしっかりしている。

【残念なところ】
・満足いく造形をするにはBuildtakは必須。ポリイミドテープ張りは苦行でした。
・メンテナンスが必要となる間隔が短い気がします(他プリンタとの比較はしていません)
・筐体がMDF合板
・本体に電源ON/OFFスイッチがなく、コンセント抜き差しで電源ON/OFFしなくちゃいけないところ
 (私はコンセントタップ自体にスイッチがあるものを使いました)

【総評】
買って良かったです。家庭用3Dプリンタとしてコスパは相当に高いと思います。
300時間以上動かしていましたが、パーツ取り替えや修理を必要とするような致命的な故障はありませんでしたし。
ゲムマ2016の春秋ともにこの3Dプリンタで作品を作りきることができて、良い体験ができました。
生活の役に立つ機能性をもった小物やスペアパーツとかも作り続ける事ができます。

◆ゲムマ結果◆
で、肝心のゲムマ結果なのですが・・・1/3だけ売れました。
英語マニュアルは完全に自己満足で終わりました。
面白いゲームを頑張って作ったつもりですが、創作と商売は難しいですね。

それでも、ブースに来ていただいた方々のお陰で楽しかったですし
手伝ってくれたり、アドバイスをくれた方々にも感謝です。
3Dプリンタを使った同人製作の大先輩「石膏粉末工房」さんと
製作面の話ができたのがとても有意義でした。

家庭用3Dプリンターは
大量生産こそ向きませんが、同人創作活動のよき助っ人となってくれるので
活用するサークルが増えたら
きっともっと多種多様なアイデアが生まれてくると思います。

ラミィキューブオリジナルスタンド トランプスートラミィキューブオリジナルスタンド 各国語
完全オーダーメイド品として
出展したラミィキューブスタンドは結構喜んでいただけました。
500以上あるサークルのうち、オーダーメイド品を出していたのは
自分のサークルだけだったんじゃないかな?と自画自賛してみます。

ここまで読んで下さった方で
もし、「『パナマ』をプレイしてみたい」という方がいましたら、

gmail: ckensyaryuu@gmail.com
twitter: https://twitter.com/ckensyaryuu
までご連絡ください。
レターパックでの郵送でいたします。

価格(送料込) :2000円or Amazonギフト券2000円分
※再生産や次回ゲムマへの出展はしません。

★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

3Dプリンタでリュックサックのベルトを留めるクリップ作ってみた

個人的に2016に購入して良かったと思っているトップクラスの
マンハッタンパッセージのビジネスリュック

軽くて、目立たなくて、収納力があって、膝の上に乗せても隣の人に迷惑にならなくて
貴重品を入れるサイドポケットがあって、13インチのノートPCやタブレットが収納できて・・・etc
とても気に入っているのです。

膝の上に乗せて本やノートPCの作業台としても使えます膝の上に乗せて本やノートPCの作業台としても使えます

膝の上に乗せて本やノートPCの作業台としても使えます

ただ、1点気になっていたところとして
リュックのバンド2本を止めるクリップが、2本とも完全に囲うではなく、1本は囲うけどもう1本は挟み込むだけのものとなっています。
結構な頻度でプラプラしはじめます。

なので、2本のバンドを完全に囲うタイプのクリップを3Dプリンター BS01+を使って作ってみました。

サクっとモデリング→スライス
3Dプリンタで作成するリュックのバンドクリップ_解説付

PLAの接着にはアクリサンデーがとても有効です。
ゲムマ2016春で出展した「リフレク」の製作で立証できました。

出力物
3Dプリンタで作成したリュックベルトクリップ

装着してみた。
3Dプリンタで作成したリュックサッククリップを装着

最小限の体積で邪魔にならず、かつ外れないものが作れました(´∀`)
壊れたとしてもまた作ればいいから気楽に使えますね。

でも、装着した後調べて分かったのですが
モンベルのテープクリップという安値の既製品があったのですね;
これが高かったら、3Dプリンタで作った意義があるのですが、ここまで安いとどうもね(´Д`)
作る前にしっかり下調べすることを心がけないと(´・ω・`)

ゲームマーケット2016秋出展に応募しました。

歯科矯正の器具の追加が最終段階を迎え
口の中てんこ盛りで租借する度に違和感や苦痛が伴っているので
あまりまともに食事する気が起きずエネルギー切れ気味な上に

・10~11月に入院を伴う手術が控えている
・10~11月に資格試験2つ受験
・新規案件
・新規事業構想

と色々ヤバ気な中、
ゲームマーケット出展に応募するか悩んでいたのですが
新作の構想はできていて、おそらくゲムマ秋あたりに丁度旬を迎えそうなテーマな作品になるので
応募しちゃいましたヘ(゚∀゚ヘ)

新作ゲームコンポネ

新作ゲームコンポネ


コンポネはこんな感じで1セットに多くのパーツが必要となるのに
3Dプリンタは大量生産に不向きなため、少量販売のギリギリ黒字な販売計画となります。
ただ、その3Dプリンタのおかげで固定費ほぼ0に押さえられるので、気軽に自己満足参加できます(´∀`)

前作のリフレクの反省点を活かし
・4人プレイ
・プレイ時間15分程度
・隠蔽、運要素、出し抜き騙し合い 有り
・頭は使う
という内容になります。
どうせヤルからにはできること増やしたいので、試遊スペース設置+英語解説書に挑戦します(^ν^)
(あれ、でも試遊スペース儲けちゃうと他ブースに挨拶にいけない?)

前回のラミィキューブスタンドみたく、3Dプリントできる何かのサポートパーツみたいの出してみたいかも。

iPhone5S用ポケモンGOエイムアシストパーツ

iPhone5S用ポケモンGOエイムアシストパーツ

余談ですが、懲りずに中小起業診断士の一次試験を受けてきました。
1年目は2日目3教科とり、2年目で2次と牽連性高い1日目4教科+2次受験
というプランです。
目論見通り行くか分かりませんが、合格しなければ意味がないので集中しないと。
地方在住者は仕事しながら都内の講習行くのはキツイので
勉強仲間作りにくく孤独学になってしまうのが厳しいですね(;・∀・)
(↑自分の交流範囲が狭いだけ)

夏です。自分にとっての夏=スイカ・メロン。
毎日スイカ食べてます!
サイコロ型にカットして種を抜いて食べやすくします。
カットスイカ

ゲームマーケット2016春に出展します。

ゲームマーケット2016春に出品します。
サークル名:「C県者流」
出品タイトル:「リフレク」増田屋コーポレーション製ラミィキューブ用のオリジナルカスタムパーツ」

リフレク

リフレク

ラミィキューブオリジナルスタンドパーツ

ラミィキューブオリジナルスタンドパーツ


取り付け動画はこちら

詳細は上記リンク先のゲームマーケット参加者ページを参照お願いします。

3DプリンタBS01でスーパーせんどうの給水ボトルの部品を出力

2016年2月20日 1件のコメント

スーパーせんどうに給水機で使う給水ボトル(400円)の
ボトルと取っ手をつなぐ部品が壊れてしまっていました。

壊れた給水ボトル部品

壊れた給水ボトル部品

せっかく3Dプリンタ BS01を使えるようになったので、代わりの部品を作成してみることにしました。

いざ、同じような部品を作ろうとして
これがなかなかやっかいな部品であることが分かってきました。

ボトルに取り付けることや、3Dプリンタの出力の特性(オーバーハング無理)
を考えると、一発出力するとボトルに取り付けることができなくなってしまうのです。
なので、分割出力し、アクリサンデーで接着することにしました。

Autodesk 123Dでの設計

Autodesk 123Dでの設計

分割→stl出力した後の部品データをRepetierで読み込み、slic3rでスライスします。

slic3rでスライス

slic3rでスライス

3D出力してバリとり&やすりがけしました。
フィラメントはPolymax のtrue blackです。
強度が必要だと思ったのでこちらのフィラメントを選定しました。

バリが目立つ造形物・・・

バリが目立つ造形物・・・

分割出力した部品

分割出力した部品

設計ミスで、取っ手の回転に必要なスペースが足りなかったのと
設定が最適化されていないのか、造形物にバリが結構発生していたので
気合いのやすりがけで補正しました(これだけで1時間かかった(´Д`)

ボトルにアクリサンデーで組立て取り付けていきます。

アクリサンデーで接着していきます。

アクリサンデーで接着していきます。

組立完了

組立完了

このアクリサンデー、非常に強力なのですが、付属のスポイトがとても使いづらい・・・
次からは専用の注射器を購入して取りかかろう。

代替部品にした給水ボトルに水を満タンまで入れて持ち上げてみた動画がこちら

3Dプリント用stlデータはこちら
以上です。簡潔ですが、読んでくださってありがとうございます。






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

3Dプリント BS01+ テーブルに Buildtak を設置

1層目を制したものが3Dプリンターを制する。 | Genkei Forum

自分も例に漏れず、1層目が定着せずにフィラメントがノズル周りでもじゃってしまったり
造形物が途中ではがれておじゃんになるという
失敗ケースが出てきました。

失敗した造形物達

失敗した造形物達

ポリイミドテープのままでも
ノズルと台の距離を詰め直したり、アルコールで拭き取ったりすると
成功するようにはなるのですが、メンテナンスにかける時間は極力無くしたいので
BS01と一緒に購入しておいた、Buildtakを設置してみることにしました!

●Buildtakの使い方_Ver1.0.0.pdf
を読むと
「ABS モデルのテーブルにご利用される場合は、別途薄い銅板をご用意いただき
 その銅板に張り付けてご使用いただくことを推奨いたします。」
と記載されている。

「別途薄い銅板をご用意いただき」
1行でシレっと書かれていますが、これがかなり大変でした(・´з`・)

まず、近所のホームセンターで0.5mmの銅板を購入しました。

ホームセンターで400円で買った銅板

ホームセンターで400円で買った銅板

この銅板をBS01のテーブルサイズに歪ませずに切断します!
・・・どうやって?(゚Д゚)

アクリルカッター

アクリルカッター

アクリルカッター、これでひたすら削る!

・・・1時間近く必死にガリガリやっても終わらない(´Д`)
見た目30%ほど削れました。0.5mmの30%だから0.15mm・・・

平面度が重要なパーツなので、なるべく避けたかったのですが
日付変更線超えてしまい、根気が尽きていたので金斬りばさみでいっちゃうことにしました。

金斬りばさみ

金斬りばさみ

1分で切り終えることができたのですが
案の定、少々歪んでしまいました。(t2mmほど)

2mmというと、3Dプリントとしては致命的。
しかし、これは歪み方にもよりますが、設置する際にクリップやテープで補正が効きます。

銅板+BuildtakをBS01テーブルに設置

銅板+BuildtakをBS01テーブルに設置

※真ん中のクリップはノズルの進行上にあることが分かったので、この後テープに取り替えました。

再度0点出しを行い、プリントしてみました!
プリント→造形物はがしまでの動画はこちら

3Dプリントが捗りそうです!
BS01改造や設定調整をしつつGM出展に向けて頑張っていこうと思います。






★この記事を見て、管理人におひねりしてもいいかなと思ってくださる方は
■Amazon■←こちらのリンク経由で買い物をしていただけると幸いです。
購入料金は変わりません。Amazonに渡る利益のうち数%が管理人の方に流れます。
書籍や3Dプリンタ関係の消耗品の購入に充てさせていただきます。

カテゴリー:3Dプリント, 科学 タグ: ,